09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

セロリといか燻製のおつまみ

2010.09.03 (Fri)

     セロイ&いか
 一昨日の夕食です。メインは鰹のたたき。貝割れ菜と小葱をたっぷり
のせました。だだ茶豆、厚揚げと切り昆布の煮物(煮物、久しぶり~)、
ししとうと豚バラの炒め物、そして今日ご紹介の「セロリといかの燻製
のつまみ」です。これはずいぶん前に、どこかで見たレシピ。レシピって
ほどのレシピはありませんが^^;
 筋をとったセロリを斜め切りにして、サッと塩をしておきます。あとは
いかの燻製(ちょっと甘い輪っかの燻製・・・わかるかしら?)とごま油
を混ぜるだけ!!超簡単、美味しいおつまみです。どういうお酒に合うかは
飲兵衛でないので、よくわかりませんが、多分ビールに合いそう・・・
スポンサーサイト
08:34  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

あったあった~

セロリのイカの燻製のおつまみ
子供が小さい頃の、お母さんたちの持ち寄りで知ったメニューです
私のレシピでは、セロリは塩をしませんでした
イカの燻製から美味しい味が出るので、
確かサラダオイルを掛けるだけでした
色どりにラディシュの輪切りを少し入れていました
そうそう、キュウリも入れていました

↓のポーチ、私も以前購入してからズ~ッと使っています
何処も傷みませんし、ちゃんとファスナーもしています(笑)
でも、↓のポーチ、超可愛い系!!(^_-)-☆
野菊 |  2010.09.03(金) 09:28 | URL |  【編集】

No title

ちょっと甘い輪っかの燻製~  
この表現でピンときました。 アレですね!
和えるだけで、おいしいうまみの一品ができるなんて最高の料理です。
今度、お客様が来たときに作ってみます!
・・・っていつも新しい料理を見た時に思うんですけどね。
その頃になるとケロッと忘れています~(笑)

数ヶ月前に、お店を拝見~  って思って探したら・・・
  あれ?  ない!
hannd made のお店いつのまにか閉店していたんですね。
商品を見るだけでも、楽しませてもらっていたので
ちょっと残念でした。
もん |  2010.09.03(金) 09:43 | URL |  【編集】

No title

野菊さん、セロリにラディッシュをプラスで、彩りもいいですね。
いかの燻製が美味しい味をだしていますよね。

まだ、お使いでしたか・・・私は内布が汚れてきたので、交換
です~ファスナー壊れていなくてよかった~(笑)中身しっかり
入っていますね。
beadsLH |  2010.09.03(金) 13:50 | URL |  【編集】

No title

もんさん、この表現で伝わってよかった~文字にすると、どう伝わるか
心配です~そうそう、レシピ、聞いてもすぐ忘れますよね。年々そう
だわ~涙

お店、管理が面倒になってしまって・・・たくさん新しいのが、できる
タイプならいいのですけれどね~一度やってみたので、満足です!
beadsLH |  2010.09.03(金) 13:53 | URL |  【編集】

No title

久々こんにちわですi-237
ブログさぼってました(笑)

おいしそ~!だ・け・ど・・・・あたし唯一食べられない野菜がセロリなんですi-230ほんとにダメで、セロリが入ってるだけで味が他のにも付いちゃうんで他のも食べれなくなっちゃいますi-238イカは大好きですよi-80
beadsLH さんのお料理はいつもヘルシーな感じがしてあたしにとっても良さそう(笑)i-233
nekoko |  2010.09.03(金) 20:13 | URL |  【編集】

No title

NEKOKOさん、こんばんは~セロリ、私も嫌いでした。大人になって
から、食べられるようになりました。娘達は、未だに食べられません。
クセがありますものね~残念だわ~おつまみに最高なんですがね。
鶏胸肉(またはささみ)と白ネギの千切りを、同じように塩とごま油
で和えても美味しいですよ。
beadsLH |  2010.09.03(金) 20:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ballbeads.blog64.fc2.com/tb.php/858-b6ba7dc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |